捕獲方法

地上のこうもり

ハクビシン駆除は、素人がするには大変困難ですので、気づいたら早めに専門業者にご相談ください。
被害の例として、家の中がなんとなく臭いとか、最近ノミやダニが増えているとか、夜になるとゴソゴソと物音がするという場合です。
そのままにしておくと、木材を腐らせてしまうなどの被害にもなります。
まずハクビシン駆除をする場合、事前調査が入ります。
そこで、業者から契約とハクビシン駆除についての流れが説明されます。
まず最初に追い出し、捕獲をします。

巣穴には沢山の糞尿や毛、ゴミなどが散乱していますので、ハウスクリーニングをしていきます。
ハウスクリーニングでは清掃のほかに、消毒・侵入経路をふさぐなどもします。
においがのこっていると、再び侵入を試みようとしますので、ハウスクリーニングはハクビシン駆除において大変重要なことです。

利用料金の違い

掃除用具

ハクビシン駆除もコウモリ駆除も発見したら少しでも早くした方がいいですし、駆除の際はコウモリ駆除やハクビシン駆除をしてもらえるハウスクリーニングの業者に頼むのがいいでしょう。
駆除をする際には害獣に噛まれたりする危険もあるからです。

ハウスクリーニングを行ってくれる業者は全国多数存在していてハウスクリーニングの内容もその料金も違ってきます。
ハウスクリーニングを行ってくれる業者を選ぶ際は少しでも早く対応してくれる業者の中から比較して少しでも安い費用で行ってくれる業者が良いでしょう。

ハウスクリーニング

掃除道具

最近はコウモリによる糞尿のにおいやアレルギーなどの健康被害が増えており、コウモリ駆除を依頼する件数が増えています。
そこで、具体的なコウモリ駆除ですが天井裏などに侵入している場合には「忌避剤」をまいて追い出します。

そしてあいている穴や隙間を金網やパテなどでしっかりと埋めていきます。
しかし、夜行性のためコウモリ駆除のタイミングが難しいことや繁殖期を狙ってコウモリ駆除することが困難、巣穴の糞尿などありますので、専門の業者へご相談することをオススメします。
できればハウスクリーニングも請け負っている業者にお願いすると、駆除だけでなく清掃もしてくれるので、オススメです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031